モンテカルロ法のメリット

ギャンブルに勝ちたいと考えるならば、システムベットをしっかりと身に着けておきましょう。

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法を理解するためには、システムベットの意義を理解する必要があります。システムベットは賭け方をシステム化するものであり、従来のように直感に頼ったものとは一線を画すものです。資金をしっかりと管理することができますから、トータルの勝負をプラスへもっていくことが容易になります。
そして、モンテカルロ法はモナコ公国のモンテカルロカジノを破産に追い込んだとする逸話が残っているほど秀逸なシステムベットであり、マーチンゲール法とならんで身に着けておきたい攻略法となるものです。

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法の使い方

モンテカルロ法は計算が少々複雑となりますから、メモとペンを用意して正確に計算をするように心がけてください。まず「1・2・3」とメモするところから始めましょう。両端を足して算出される数がベット額となりますから、1回目のベット額は1プラス3で4となります。ここで負けたなら、数列を増やして再計算です。具体的には、「1・2・3」に先ほどのベット額である4を増やします。すると数列は「1・2・3・4」となります。両端を足して算出される数は1プラス4で5となりますから、2回目のベット額は5です。さらに負けてしまった場合には同様の計算をしてください。
つぎに勝ちを収めた場合を考えてみましょう。モンテカルロ法で勝ちを収めた場合には、数列の両端を消し込んで計算していきます。具体的に数列が「1・2・3・4・5・6・7」となっていた場合で考えてみましょう。配当2倍のゲームで両端を一つずつ、配当3倍で二つずつ消し込みます。配当2倍とするならば、両端を一つずつ消し込むと「2・3・4・5・6」となり、残った両端を足すと2プラス6で8になります。つぎのベット額は8が算出されることになるのです。こうして、数列を増やしたり消し込んだりを繰り返すことで、最終的に計算ができないところまで消し込みがすすんだら、ワンサイクルが終了ということになります。

モンテカルロ法の問題点

マーチンゲール法であれば、ワンサイクルが終了した時点で必ず利益を出すことができるのですが、モンテカルロ法の場合には2倍配当のゲームで利益を確保できないケースがあることを認識しておきましょう。また計算が複雑となりますから、必ずメモとペンを用意してシステムベットに臨むようにしてください。

モンテカルロ法の問題点

モンテカルロ法で得ることのできるメリット

モンテカルロ法は計算が大変となるのですが、しっかりとメモをとりながら収支を計算していく作業は充実感が伴うものとなります。またマーチンゲール法のように急激なベット額の上昇は見られませんから、少ない資金であったとしても安心してシステムベットに取り組むことができます。さらに3倍配当のゲームで活用することができますから、マーチンゲール法よりも応用範囲が広くなります。

コメントは受け付けていません。