手数料は時に大きな問題となる

アイウォレットには手数料が多すぎる?

アイウォレットにはかなり手数料が多く、エコペイズよりも手数料を取られるサービスが増えてしまいます。
特にアイウォレットをあまり利用しない人は、様々な手数料によって厳しい状況に追い込まれるかもしれません。

アイウォレットがなぜ手数料を増やしているのかは、アイウォレットのサービスを円滑に進めたいと考えるためです。
従ってアイウォレットのサービスをしっかりと運営するためには、ユーザーにも様々な部分で負担してもらうしかないのです。

アイウォレットが徴収している手数料とは

アイウォレットは振込などの手続きに手数料を徴収しています。
個人から個人への送金時には、手数料として0.5%の送金額が請求されてしまいます。
アイウォレットと契約している会社は、個人名義で契約している場合もあります。
オンラインカジノへ送金する場合でも、もしかしたらアイウォレットに対して個人送金を行う形になり、手数料として0.5%を徴収される場合があるのです。
この手数料は少し厄介な部分であり、オンラインカジノで取られる恐れもある部分です。

また、国際銀行に対する振込にも手数料を取っています。
この手数料は0.50%に設定していますが、35ドル未満の手数料が発生した場合、手数料は35ドルで固定されます。
35ドルというのは、送金手数料としては非常に大きな金額で、エコペイズが採用している高速ローカル出金の手数料よりも非常に高くなっているのです。
アイウォレットの弱点とされる、送金時の手数料が高いというのは、銀行系の送金に対しても適用されている問題点なのです。

他にも少し前に利用されていたアイウォレットカードにチャージする際も3ドルの手数料を取られてしまいます。
現在はこのカードの発行を停止しており、利用できる人は限られています。
しかし、アイウォレットカードにチャージして、プリペイドカードのような使い方をしたいと考える方は、手数料を払わなければならないのです。
ちょっとした送金などによって手数料を取られてしまうアイウォレットは、手数料をしっかり把握しておかないと苦労する部分があるのです。

アイウォレットをあまり利用していないと手数料が増えてしまう

アイウォレットは、あまり利用していない人に対して手数料を支払うか、手数料を支払わない代わりに解約手続きをしてもらおうと考えています。
余計な口座を増やさないようにするためで、アイウォレットを利用する人を制限したいのです。
本当にアイウォレットを使い続けてくれる人だけ、口座の手数料を無料にしたいと考えており、アイウォレットをあまり利用しない人、すぐに使わなくなる人に対しては厳しい対応を取っています。

一番大きな手数料は『口座維持手数料』です。
この手数料は毎月利用している人であれば無料に設定されます。
使い続ける人に対しては、問題なく手数料を使わないで提供しているのですが、利用していない期間が長引いてしまうと休眠口座扱いとなります。
休眠口座を維持するためには、休眠口座維持手数料を支払わなければなりません。
対象となるの180日以上アイウォレットを利用しなかった場合で、利用していないと判断された時点で20ドルが勝手に請求されてしまいます。

ただ、口座を閉鎖するためにも5ドルが必要で、手数料を取って口座を解約しなければならないのです。
休眠口座維持手数料の方が圧倒的に高いのは事実ですが、休眠口座にしないためには口座の解約手数料を支払ってまで解約しなければなりません。
気軽に解約してくれるサービスではないため、しっかりと手数料を準備してください。
手数料を払えないと判断されれば、アイウォレットの解約すらできない問題に陥ってしまうのです。

その他必要な手数料がアイウォレットには存在する

他にもアイウォレットには手数料のかかる項目が準備されています。
その1つが送金を取りやめてほしい場合に支払う手数料です。

銀行振込を希望している場合、しっかりと確認して銀行に振り込めばいいのですが、確認した時に間違いが生じて、別の人に送金している場合があります。
この場合は銀行振込の取り消しを依頼できるのですが、取り消しの場合は手数料がかかってしまいます。
その数字は50ドルに設定されています。

50ドルというのは、はっきり言えば相当高い数字と考えていいでしょう。
銀行振込の送金を取りやめるだけで50ドルも取られてしまうと、非常に痛い出費になってしまうのです。
しかし、他の人に間違って送金するなどの問題で、オンラインカジノへ送金していないことがわかったのであれば、速やかに手続きをしたほうがいいでしょう。
ただ手数料はとても大きく、負担額が足りなければ解除もできません。

アイウォレットには手数料がとても多くかかってしまいます。
手数料をしっかり払って色々なサービスを使えるのはいいところですが、その手数料が大きすぎるがゆえにサービスの使い勝手という部分で微妙に感じる場合もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です