ギャンブルだからこそ正しい理解が重要

日本にいて、周りの目を気にせずにオープンな気持ちで賭けることができるギャンブルについて、法的に制限が加えられていることは、残念な気持ちになってしまいます。
昔から賭ける習慣のあるイギリス等では、とてもギャンブルが盛んで、スポーツギャンブルは元より、天気予報や選挙の結果までもゲームとして賭け事の対象ているのですから、文化の違いをつくづく感じさせられてしまいます。

しかしながら、最近では日本でカジノ法案が国会で可決されたことから、すぐにカジノが立ち上がらないにしても、明るい兆しがでてきました。
但し、しばらく時間はかかると想われます。
以上のようなことから、今法的に問題なくできるのは競馬や競艇、競輪、宝くじ等の公営ギャンブルだけ。
と思いきや、意外にも他に賭けることができるゲームがありましした。

それはオンラインカジノというギャンブルです。

インターネットの時代らしく、マッチした若い人の人達に受けるゲームスタイルを取っています。
ネットにつながる環境があれば、それだけで、すぐに賭けることができます。
オンラインカジノのサイトにアクセスして、オンラインゲームの感覚で、予想を立て賭けて配当金が狙えるのです。

しかも、海外の公開カジノサイトでプレイするスタイルなので、違法性を問われることがないのです。

オンラインカジノの起源は?

このようなオンラインカジノは、現在、急速に各大しています。
では、世界で初めてオンラインカジノが世の中に生まれてきたのはいつ頃なのでしょうか?
誰が、どんな団体が、どのような目的と経緯を持ちながら、オンライン型という斬新なスタイルのカジノを始めようとしたのでしょうか?

その歴史は、けっこう古く1994年まで遡ることができるのです。
以前、イギリス領となっていたアンティグア・バーブーダという国が、世界で初めて最初のオンラインカジノ運営の公認ライセンス発行を法律化しました。
これが、オンラインカジノの起源と見られています。
このアンティグア・バーブーダは、現在でも数多くのオンラインカジノの運営者に対して、ライセンスを発行している国の1つです。

優良なオンラインカジノは、由緒ある国からのライセンスを持っている

ライセンスを発行している有名な国々には、イギリスやマルタ共和国、ジブラルタル、マン島が有名です。
前述のアンティグア・バーブーダも、イギリスの名残りなのか、慣習を踏襲しているのでしょう。
メジャーなライセンス発行国の1つであることも、これで納得することができます。

では、オンラインカジノは、どのような流れで仕組みが形成され運営されているのでしょうか?

ネット上の世界なので、始まりがどのようなコンセプトで構想されて、どんな内容で作られていくのかは、中々掴みとる術はありません。
しかし、オンラインカジノの運営は、私達が想像する以上に徹底された厳格なルールの下で、作られ運営されていることは間違いないでしょう。
その理由は、悪質なオンラインカジノがプレイヤーに不利益な運営を強いられないように、第三者機関の厳しい監査を受けることを義務づけられているからです。
その結果、しっかりとした運営がされています。

そのおかげで、オンラインカジノでは詐欺的な悪質な業者がフィッシングサイトのような悪どい運営をしたとしても、その行いは長い間継続されることが出来難い環境にあるのです。

健全なサイトでも、ギャンブルだということを忘れずに

このように誰もが楽しく賭けることができることを特徴にしているのが、ライセンスを取得しているオンラインカジノです。
しかし、オンラインカジノでギャンブルをすることで、必ず稼げるという勝手に思われている点についても、認識を新たにしなくてはならないでしょう。

必ず儲かるという誤解

その誤った認識とは、オンラインカジノで賭けると必ず儲かるという点です。

オンラインカジノを副業として見ている人が少なくないので、中には、貯蓄目的の財テク手段や小遣い稼ぎとして、考えている人もいるくらいです。
しかし、オンラインカジノは、れっきとしたギャンブルなので、勝ち負けは誰にでも必ずにあります。
それでも、オンラインカジノを儲かる「現金化マシン」的な見方をしており、 収入を稼ぐための最高の手段と考えている人も結構いるのです。

ペイアウト率の高さからの理解

オンラインカジノが稼げるベストな手段と思われているのは、ペイアウト率が高いことも挙げられるでしょう。
競馬や競輪と異なり、ペイアウト率が高いことがオンラインカジノの特徴の1つとなっているからです。

ペイアウト率は、賭け金総額に対する配当金の率のことで、日本の競馬や競輪では80%、パチンコでは60%程度と言われています。
これに対してオンラインカジノは、95%~99%と高い率を誇っていることから、それだけプレイヤーへの配当金の還元が多いことになります。
しかし、このことがむしろ誤解の元となっており、ギャンブル全ての参加者に配当金が戻るわけではなく、 勝たなければもらえることはないのです。

このようなことから、オンラインカジノは、必ずしも全ての参加者・プレイヤーに配当金を還元するわけではありません。
冷静に考えれば、当たり前のことで当然のことなのですが、このような点に関して冷静な分析をせずにひたすら賭けた結果マイナスになってしまう人も少なくないのです。

オンラインカジノで勝つためには、負けを想定した賭け方や、負けた時の引き際のタイミングを冷静に見極めことと決断力が必要です。
その中で自分の持てる資金力とノウハウや忍耐力を組み合わせながら、賭けることを楽しむことが、最も上手な賭け方・楽し方なのだと思うのです。
オンラインカジノは、何時でも気軽にエントリーできるので、自分が冷静になるしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です